2021.10.24

iPhoneのストレージの容量オーバー・・・

最近のiPhoneは、iOSやアプリの容量がとても大きくてストレージの容量をかなり圧迫します。また、カメラの性能も上がり、写真や動画の容量でもストレージの容量を圧迫してしまいます。
iPhoneのストレージがいっぱいになり限界に達すると、電源が落ちて起動しなくなってしまいます。

iPhoneのストレージの容量が限界に来ると・・・

iPhoneのストレージがいっぱいなると、色々な症状が出てきます。
・アップデートできない。
・写真を撮ろうとすると撮れない。
・アプリが開けない。
・電源が落ちる。
・アプリをインストールできない
など・・・。
これは、iPhone内部にデータを蓄積するすスペースがなくなってしまい起こる症状です。

ストレージがいっぱいになりそうな時の対処方法

まずは、ストレージの中に何が入っているか確認します。
【確認方法】
1.設定アプリから、「一般」→「iPhoneストレージ」を開きます。
2.一番上の使用済み容量を確認
  └残りが1桁台だと要対処です。
3.画面を下にスクロールすると、ストレージを占めているアプリが表示されます。

写真や動画が多ければ、不要な写真や動画を削除したり、Googleフォトなど画像保存アプリに移して保存したりした方が良いでしょう。
また、使ってないアプリや不要なアプリがあれば削除した方がいいでしょう。
もし、「その他」がたくさんあった場合は、
1.再起動してみる。
2.Safariの「リーディングリスト」や「履歴」を削除してみる。
「その他」は、システムデータやキャッシュファイルで、アプリをダウンロードしたり削除したりアプリやインターネットをみたりした時のデータや音楽や動画などのデータなどが含まれています。
これは基本的には自動的に削除されていくものなのですが、時々ひどく溜まってしまうことがあり、それがストレージの容量を圧迫させてしまうことがあります。
最後の手段として、
3.初期化してみる。
※初期化は、データが全て消えてしまうので、バックアップをとってからする必要があります。

ストレージの容量オーバーで電源が入らなくなった場合

iPhoneのストレージの容量がオーバーしてしまうと、iPhoneの電源が入らなくなってしまいます。俗に言うリンゴループです。
こうなってしまうと、バックアップを取ることもできず、何も操作できなくなります。
そして、初期化しないとそのiPhoneを使用することができなってしまいます。
バックアップをとっていれば問題ありませんが、バックアップをとっていなければ全てデータが消えてしまいます…

電源が入らなくなった時の対処方法

リンゴマークのままフリーズしたり、リンゴマークから進まない場合は、パソコンがある場合は、パソコンに繋いで初期化をします。
パソコンがないと対処できないので、パソコンのあるところで初期化、もしくは業者で初期化するしかありません。
いずれにしても初期化になります。

iPhone修理ストアでの対応

当店では、100%ではありませんが、データを復旧させることができます。
リンゴマークから進まなくなった段階で、すでにデータがなくなっているかもしれません。
そのため、データがなくなっているかどうかは作業が終わるまで分かりません。
データがなくなっていれば初期化された状態になります。
しかし、データが戻る可能性もありますので、諦めずにお問い合わせください。

2021.09.25

iPhoneケース

「どうしたらiPhoneの画面割れを防げますか?」とよく質問を受けます。
iPhoneの修理を始めてからずっと聞かれて思うのですが、落とさないということしか思いつきません…。
誰しも好きで落としている訳ではないと思いますので、やっぱり落とした時にいかに画面割れを防げるかがポイントなんでしょうか。

iPhoneの画面の割れ方

iPhoneの画面割れ修理の依頼を受けていると、ほとんどの場合はiPhoneの縁から割れています。画面の真ん中から割れているケースもありますがほんのわずかです。大半の場合が、落ちる際は縁から落ち、iPhoneのフレームから表面のガラスに力が加わり割れるのだと思います。

直近の6件を見てもほとんどが縁から割れているのが分ります。
iPhoneの画面割れを防ぐには、縁をいかに守るかがポイントです。

iPhone画面割れ防止策①

ここからは当店の持論ですので参考までに。
iPhoneの画面が割れる時は、縁から割れる確率が圧倒的に高いので、iPhoneの縁を守ることが優先順位的に高いと思われます。
また、フレームを守る素材もクッション性の衝撃吸収力のあるものが良いと思われます。プラスチックのケースや厚みの薄いケースなどでは、縁を衝撃から守ることはできません。厚みがありシリコンやポリウレタン系の素材などで作られたiPhoneケースが良いと思いわれます。当店のオススメは、スマホケースの「iFace」です。

iPhoneのすっぽりと覆い囲み縁を保護してくれるiPhoneケースです。衝撃吸収力もあるのでオススメです。でも、割れる時は割れますので悪しからず。

iPhone画面割防止策②

iPhoneの縁まで覆ってくれるガラスフィルムです。
画面中央部だけを保護するのではなく、フレームとの境目まで覆ってくれるガラスフィルムは有効です。縁まであるガラスフィルムは、縁だけがプラスチックでできているものがほとんですが、それでも無いよりは全然よろしいかと思います。

これも「iFace」とケースセットで販売されているものがあります。(写真は異なります。)ケースとフィルムとセットで縁を保護しておくと割れる確率はかなり低くなると思います。

まとめ

結論から言えば、落とさないことが一番です。が、万が一落とした際に破損を軽減し被害を最小限に抑える手段としては、iPhoneの縁をいかに防ぐかです。
iPhoneの縁を衝撃吸収力のあるもので保護し、表面のガラスに衝撃が伝わらないようにすることが大事です。叩いても割れないガラスフィルムやガラスコーティングなどiPhoneの画面を保護するものは様々ありますが、ポイントは『縁を守る』ことです。ご参考まで。

2021.09.14

iPhone8のバッテリー交換

最近、一番依頼の多いiPhone8のバッテリー交換。2017年9月に発売されて丸4年。バッテリーが劣化する頃合いです。
iPhone8からはワイヤレス充電機能が付き、従来のコンセントにつないで充電する方法のほか、ワイヤレス充電器に置いて充電することができるようになり充電の仕方も変わってきました。
また、iOS11.3以降はバッテリーの最大容量もチェックできるようになり、バッテリー交換のタイミングが分かりやすくなりました。
iPhone8からバッテリーに関することが変わり初めの頃だったかと思います。懐かしい話です。
しかし、バッテリー交換の方法は従来と変わらず15分程度できますので、その辺は今後も変わらずいて欲しいものです。

iPhone8のバッテリー交換のタイミング

iPhone8問わず、iPhoneのバッテリー交換のタイミングとしては、もうご存知の方も多いかと思いますが、iPhoneの設定アプリのバッテリーのことろをチェックすると交換時期の目安がわかります。

バッテリーの最大容量が、80%以下になると要交換となります。
感覚的に、80%台半ばまで減ってくると、バッテリーの消耗も早く感じ、iPhoneが熱を持つ感覚が出てくるのではないでしょうか。
また、80%にならなくても、バッテリーの状態の最大容量の上に、「バッテリーが著しく劣化しています」と表示されていたり、ピークパフォーマンス性能の下に「必要なピーク電力をバッテリーが供給できなくなったため、突然のシャットダウンが発生しました。」などの表記が出てると早めにバッテリー交換をした方が良いと思われます。

また、iPhone8でよく目にするのが、バッテリーに亀裂が入って膨張し画面を下から突き上げてしまいます。するとiPhoneの画面が浮いてきたり白いモヤみたいなのが出てきます。これはバッテリーが膨張している合図ですので、危険なので早めのバッテリー交換をお勧めします。

iPhone8問わず、バッテリーの減りが早い、最近iPhoneが熱くなる、起動が遅いなど不便を感じることが出てきたら、バッテリーをチェックすると良いでしょう。

バッテリー交換方法

iPhoneのバッテリー交換は内臓式なので、画面を取り外してバッテリー交換をします。かつてiPhone4や4sは、画面ではなく背面パネルを外すだけで良かったのですがiPhone5以降ちょっと面倒になりました。
でもバッテリー交換は至ってシンプルで、画面を外し、バッテリーを交換して、また画面を取り付けるだけです。余計な部品を外したりする必要がありませんので、15分程度で作業が完了します。

ただし、iPhone8からはワイヤレス充電用のワイヤレス充電コイルが背面にあります。この上にバッテリーの固定テープを張り付けてしまうと再びバッテリー交換や修理などでバッテリーを外す際に充電コイルが剥がれてしまいます。 そのため、充電コイルを避けてバッテリーの固定テープをつけます。
また、画面を一度外しますので元々ある防水パッキンの粘着力が落ちてしまいます。そのため防水パッキンを新しいのに変える必要があります。

取り外した画面を再び取り付けます。バッテリー交換後は、再びバッテリーの状態をチェックしてバッテリーの状態の最大容量が100%になっているか確認します。100%になっていればバッテリー交換が完了となります。

バッテリーの状態の最大容量が100%になっているのが確認できました。

よくある質問

バッテリー交換時よく言われる質問があります。

1.データは消えますか?

一番よく言われる質問なのですが、なぜ消えると思うのかいつも疑問に思います。データが飛ぶという表現も同じでしょうか。10年近くiPhoneの修理をしていますが、バッテリー交換以外でもiPhoneの修理でデータが消えたりしたことは一度もありません。なので、消えたことがないとしか言いようがありません。アップルに修理を出す際は初期化をしないといけないので、データを消す必要があります。これは自分で消さないといけないので消えるとはまた違うと思います。
なので、データが消えることはありません。

2.バッテリーは新品で買った時と同じくらい持ちますか?

この質問には、いつもNOです。いくらバッテリーが新しくても買った時ほどのもちはありません。iPhone8は、購入した当時はおそらくiOS11だと思います。現在ではiOS14.7.1(2021.9.14現在)ですので、使用しているiOSも違えばデータ量も異なると思います。またアプリもバージョンアップしていきますので、iPhone8の頭脳が最新のものについていけず、考えこむ時間が長くなるのでどうしてもバッテリーの消耗は早くなります。
古くなればなるほど、バッテリー消耗対策をした方が良いでしょう。バックグラウンド更新をオフにしたり、位置情報をオフにしたり、使わないアプリのタスクを切ってみたり・・・と省エネ対策を打っていくしかないと思います。

3.このiPhone8、あと何年くらい使えますか?

何もなければ、定期的にバッテリー交換するだけでずっと使えると思います。
ただ動きが遅いというストレスやiPhoneのストレージがいっぱいになるとかバッテリーとは別の問題がなければです。実際、今もiPhone5や5cを使ってい方もいらっしゃいます。

最後に

iPhoneはバッテリーが劣化してくると、色々な異変が起きてきます。
バッテリーの消耗が早いのはもちろん、動きが遅くなったり、アプリが開かなかったり、熱くなったり、膨張したり。
また、電源が入らない、りんごのマークがついたり消えたり、充電残量が増えないなどもあります。
ただ、全てがバッテリーが原因というわけではありません。
特にバッテリーの減りが早い場合は一番にはバッテリーを疑いますが、漏電していたり、OSの問題であったり、アプリの問題であったりと要因は色々あります。
修理業者によっては、単刀直入にバッテリー交換を依頼するとバッテリー交換だけして終わる場合があります。結果、問題の解決にならない場合があります。なので、バッテリーの減りが早くて困ってると依頼した方が解決する場合があります。ご参考まで。

2021.09.11

iPhone画面修理

iPhoneの画面修理には様々原因があります。
1番多いのは、表面のガラス割れ。落下による破損が一番多いでしょうか。
その他、液晶が見えない、タッチ操作ができない、タッチが勝手に動くなどがあります。
iPhoneの画面は、表面のガラスの下にタッチセンサーがあり、その下に液晶や有機ELといった映像を映し出す場所があります。
落下による衝撃で破損したり、カバンやポケットに入れて押しつぶされて破損したり、水没など画面内部に水分が侵入して壊れたりと表面だけあって様々なトラブルと遭遇する場所です。一番壊れやすい場所?壊れるリスクの高い場所なのは間違いありません。

iPhoneの画面修理に使う部品

iPhoneの画面修理に使う部品にも種類があります。細かにあげるとキリがないくらいたくさんの種類があります。
大まかには3種類だと思います。
ガラスが割れた画面のガラスを新しいガラスに交換した「再生部品」と言われるもの。純正と同じ構造で作られている互換部品の「インセル部品」。簡易構造で作られている互換部品の「オンセル部品」。
「インセル」も「オンセル」も中国で作られている互換部品です。コストを抑えて作られていますので、その分安く修理できるメリットがあります。その代わり、画質やタッチの感度など純正に比べると見劣りするところがあります。
店頭にいると「純正部品ですか?」とよく尋ねられるのですが、Appleさんの管理が厳しいため純正部品を入手することは困難です。仮に入手できるとしてもかなりの高額になるのでそれであればAppleの正規プロバイダで交換した方がいいくらいです。
純正部品に限りなく近い部品の「再生部品」は、ガラスが割れた画面の純正のタッチセンサーと液晶/有機ELをそのまま再利用し、表面のガラスだけを専門の機械で貼り換えた部品です。そのため純正部品と同じ感覚で修理後も使えます。その代わりコストがかかっているため互換品に比べ修理料金が上がります。

iPhoneの画面の修理方法

iPhoneの画面修理は方法はただ一つです。表面のガラス、タッチセンサー、液晶/有機ELの3つがセットになっている部品のアッセンブリー交換です。
そのため、ちょっとしたヒビ割れでも、粉々になった画面割れでも、タッチが反応しないものも全てアッセンブリー交換となります。
壊れた画面を取り外し、新しい画面を取り付けます。
その際、ホームボタンやFaceID部品など本体とペアリングされている部品は、新しい画面に移植して再び指紋認証やFaceIDが使えるようにします。

iPhoneの画面交換時の注意事項

ただ画面を交換し部品を移植しても完全ではありません。
iPhoneの中には、防水機能があったり、「TrueTone」といってディスプレイの色が周囲の光の色によって見えかたが変化する機能があります。
それらは、画面交換ことによって機能を失ってしまいます。そのため画面修理の際に防水パッキンを貼り替えたり、「TrueTone」機能のデータを移し替えたりする必要があります。

防水パッキンを貼り替えているところ

修理業者の考え方によって、無償で対応したり、有償で対応したり、そもそも対応していなかったりと異なります。「True Tone」にしても「防水パッキン」にしてもお客様には気付けないところです。当店は画面修理の際は、どちらも無償で対応しております。他店で修理して機能を失っていても復活させることができます。不安な方は、お気軽のご相談ください。

iPhoneの画面修理って…

結局のところ、お客様の価値観や使用状況によって、とりあえず直せばいいという方もいれば、せっかく直すのであればきちんと直したい方もいらっしゃいます。また、データだけ取り出したいためだけの画面修理など様々なケースがあります。
当店では、できる限り、お客様の都合によって起こり得る様々なケースに対応できるよう心がけております。お困りなことがありましたらお気軽にお問い合わせください。

2021.06.08

iPhoneSE2が車に轢かれた

iPhoneSE2が車に轢かれてガラスがバキバキに割れている状態・・・
よく見ると画面がちょっと映っていて、勝手にタッチ操作がされている模様。
そのため、急いで画面を取り外しました。

画面がバキバキに割れて取り外したiPhoneSE2

iPhoneSE2の画面はバキバキに割れていますが、本体の歪みもなく、見た目は画面交換で直りそうな感じです。

新しい画面に付け替えてみると、恐れていたことが・・・
破損により、タッチセンサーが壊れ、勝手にタッチされてしまうことに。
そのため、パスコードが何回も間違えた状況になり、ロックがかかってしまっていました。

パスコードロックのかかったiPhoneSE

数回程度の誤作動により15分ロックで済んだので、後にパスコードを入力して復活しました。
もしこれが、11回間違えていたら、初期化になるところでした。
初期化になると、工場出荷状態になり、データをバックアップとっていないと全てのデータを失うことになります。
画面が壊れ、映っていない状態はとても怖いです。
そうなったら早めの対処をお勧めします。

守りきれなかったガラスフィルムと割れた画面と復活したiPhone

タッチセンサーの誤作動は、とても厄介です。
電源が切れれば大丈夫ですが、電源が切れない時はバッテリーの充電切れを待つか、バッテリーを外すしかありません。
困った時は、iPhone修理ストアにご相談ください。

2021.05.26

iPhone7Plusが充電できない…

最近、機種問わずご依頼を受けること多くなっている気がする充電不良。
充電器に繋いでも充電しない、コネクターの角度を変えると充電されるなど。
そういった故障は、ドックコネクターの交換で直ります。

ドックコネクター

ドックコネクターは、充電をしてくれる部品ですが、その他にも役割を持っています。
電話で相手に声を届けるマイク、着信音などの音を出す信号を基盤からスピーカーへ繋ぐケーブル役、アンテナ、イヤホンジャック、マナーモードのバイブへ信号を送るケーブル役など…複数の役割を熟す部品です。

iPhone7Plusのドックコネクター

修理方法

ドックコネクターの交換修理は、機種によって修理方法が異なります。
iPhone7以降(iPhone8やiPhoneX など)は、基盤を取り外さないとドックコネクターの交換ができません。
ほぼほぼ全分解になり、丸裸状態です。
そのため、修理時間がかかってしまい、約40分〜50分くらいかかります。

iPhoneから部品を取り外した状態
ドックコネクターを交換後、無事充電ができるようになりました。

修理金額と時間

iPhone7Plusのドックコネクター交換は、
料金 6,980円(税込)
修理時間 約40分ほどでした。

今回は、バッテリー交換も一緒に承りましたので、
料金は、バッテリー交換追加料金3,300円(税込)含め
10,240円となりました。

当店では、部品在庫も豊富にありますので、お困りの際はお気軽にご相談ください。

iPhone修理ストア

2021.05.19

XRボリュームスイッチの修理

音量を大きくすることができない・・・

音量を下げることはできるが上げることができないとご相談を受けました。
確認すると、音量の+ボタンを押しても反応せず・・・
ーボタンを押すと音量が下がっていきます。
となりますと、音量を調整するケーブルの交換が必要となります。

音量調整する部品は、スリープボタン、ライト、集音マイクと複数の機能とくっついています。
部品はこれ

左側が音量調整とマナーモードスイッチ

そのため、iPhoneの左側から右側まで横断している長いケーブル交換となります。
バッテリーを外して、基盤を外して・・・と、ちょっとお時間を頂きます。

修理時間と料金

修理時間は、約40分ほど頂きます。
その間は、イオンモール新潟南店内をご満喫ください!
料金は、11,000円(税込)となります。

音量調整ケーブル交換後

無事、音量調整が+もーも機能するようになりました。

iPhoneの故障などでお困りなことがありましたら、お気軽にご相談ください。
iPhone修理スト

2021.05.04

iPhoneXR アウトカメラ修理

iPhoneのカメラレンズが割れた…

iPhoneを落としたら・・・iPhoneのアウトカメラ(後ろにあるカメラ)のレンズが割れ、写真を撮ろうとすると画面に黒いシミみたいなのが映り込んできます。
カメラレンズをキレイに直せば直ると思い直しても、実はカメラ内部の問題ですので、カメラを交換しないと直らないんです。

XRアウトカメラレンズ割れ
ピントボケや黒いシミが見えます

iPhone XRだけでなく、iPhoneはどの機種も一緒で、レンズを直すだけでは黒いシミはとれません。

iPhoneのカメラ修理

iPhoneのカメラ修理は、機種問わず10分程度で直ります。
また、カメラレンズの修理を一緒にしても合わせて20〜30分程度で直せます。
料金は、機種によって異なりますので、お問い合わせください。

カメラレンズ交換とカメラ交換後
ピントもあい、黒シミも消えました

iPhoneXR
カメラ交換 14,980円
カメラレンズ交換 3,300円(同時修理価格)
計 18,280円(税込)

最後に

カメラレンズが割れたのを放置すると、そこからホコリや湿気などが入り、カメラが壊れたり黒いシミができたりする原因になります。
カメラレンズが割れて穴があいてしまったら早めの修理をオススメします。

iPhone修理ストア


2021.04.28

防水テープの貼り替え

防水仕様

iPhone7から防水仕様として、画面と本体の隙間に防水テープが貼られています。
他にも防水機能はありますが、iPhone本体内への水の侵入を防いでくれる一番分かりやすい防水機能です。
実際に、このテープがあるとないでは水の侵入具合は全く異なりますが、全く入らないかといえば意外と入ってきます。
防水機能だからといって、たまにiPhoneを洗ったら電源が入らなくなったというお客様も・・・

防水テープの劣化

所詮両面テープみたいなものなので、最初は元気よく水をブロックしてくれます。
しかし、使っていくうちに、日常の生活の中で汚れたり、充電などによる熱や防水テープの酸化による劣化も進み、ベトベトし始めてきます。
当然水ブロックする力も弱くなっていきます。

ベトベトして黄ばんできた防水テープ

新しい防水テープに貼替

ベトベトした防水テープを綺麗に剥がします。
新しい防水テープを再度貼ります。
一般に流通している防水テープにもランクがあり、あまり機能しない防水テープもあります。
当店は、限りなく頑張ってくれる防水テープを選択して採用しております。
※それでも水の侵入を100%防ぐことはできません。

分かりづらいですが、綺麗に貼り直してあります。黄ばみ等がなくなっています

最後に

防水機能を信用しすぎは良くありません。
まして、iPhoneを洗うということはお勧めできる事ではありません。
もし洗うなら、バックアップとLINEの引き継ぎをしてから洗うことをオススメします。
また、防水機能は、ずっと機能するものでもありません。劣化していきますので過信しすぎず、楽しいiPhoneライフをお過ごしください。

2021.04.12

iPhone8のバッテリー交換

最近は、iPhone8のバッテリー交換のご依頼がすごく増えてきました。発売されて4年も経ってますのでそろそろ交換時期なんでしょう。

バッテリーの状態を確認すると「サービス」が表示されています。
バッテリーの消耗スピードも半端ありません。
バッテリーの状態

バッテリーの状態のところをタップし確認すると、最大容量が89%表示。数値だけを見ればまだ大丈夫なのですが、一番上に「著しく劣化しています・・・」と。
これは、要交換ですね。

iPhone8のバッテリー交換は、時間にして約10分。
料金は、4,980円(税込)
です。

バッテリーを交換すると

バッテリー交換後の表示

バッテリー交換を終え、バッテリーの状態をチェックすると、最大容量が100%になっています。
これで一安心。
iPhone8は、バッテリー交換をしていけば、まだまだ使えます!

iPhoneのバッテリーの消耗でお悩みのかたは、お気軽にご相談ください。

Next »

iPhone修理ストア