2022.03.09

パソコンに繋ぐマークが・・・

パソコンに繋ぐマーク

朝起きてiPhoneを見たらパソコンに繋ぐマークが出ていた・・・やアップデートしていたら気づいたらパソコンに繋ぐマークが出ていた・・・など。
気がつけば出現するこのパソコンに繋ぐマーク。
「restore」と出るくらいですので、初期化になることが多いでしょうか。

アップデートを試みる。

当店では、まずパソコンに繋いでアップデートをしてみます。これで直ればデータが消えることもなく、ただiOSのバージョンが新しくなっただけで、ホッと胸をなでおろすといったところでしょう。

しかし、「アップデートに失敗しました」と表示が出ようものなら・・・ソワソワし始め落ち着きません・・・。
もしお客様がバックアップを取っているのであれば、初期化して復元すれば良いだけのこと。バックアップが取っていないとなると、ちょっと一手間かけて初期化せずに復旧できるよう試みます。

復旧作業

パソコンに繋いで初期化せずにデータ復旧を試みます。すると・・・

データ復旧中

データの回復を試みています!と。しかしまだまだ油断できません。

データ復旧中2

メモリが徐々に進み、もうちょっとで終わります・・・

データ復旧3

メモリが全部いくと再起動が始まりました。パスコードを入力すると・・・

データ復旧成功!

待受画像もアプリの配列ももちろん写真や連絡先なども全部無事復旧できました!

データ復旧

パソコンに繋ぐマークやリンゴマークの点滅やフリーズなどは、原因が様々あり一概に直るとは言えません。
アップルに問い合わせてもネットの記事を見ても初期化しか方法はないとよく聞きます。
しかし、データを消さずに直ることもあります。大事なデータであればなおさら諦めずにご相談ください!

2022.03.07

iPhone7画面修理

新潟市江南区からのご依頼です。

iPhone7の画面修理でご来店されました。
ホームボタン回りのガラスがバキバキになっています。
落下により液晶にも影響が出てしまって、タッチ操作が出来なくなっていました。



左側が液晶破損している状態です

ホームボタンは正常に動いていたので
今回は画面修理をしました。

左 修理前          右 修理後
左 修理前          右 修理後

バキバキだったパネルも液晶破損も修復しました。

iPhone7   画面修理

作業時間   30分程

料金   ¥6980(税込)

2022.03.03

画面修理〜XR

新潟市江南区からのご依頼です。

落下によるガラス割れで画面修理をしました。

落下による衝撃で液晶にも影響が出ていました


なんと、スタッフ。。。液晶漏れの写真を撮るのを忘れてしまいました・・・
今回は液晶漏れの状態がお伝え出来ないですが
別記事でまた載せますね!!




左 修理前   右 修理後

液晶もガラスもキレイに元通りです!

iPhone XR

画面修理  ¥18800
割引き  すこやかパスポート提示で500円OFF

合計 ¥18300 作業時間 30分程




2022.03.02

XRカメラレンズ修理

iPhoneXR  カメラレンズ修理のご依頼です。

レンズが半分割れています。。。    Before

ゴミや破片などをきれいに取ってからレンズの交換をします。

これで元通り!! after

iPhone XR アウトカメラレンズ修理

¥7980(税込)

修理時間  30分程


2022.02.17

バッテリー交換


新潟市北区からのご依頼です。


『充電の減りが早い、、、』
との事でご来店いただきました。


交換機種はiPhone8、バッテリー交換歴なし。

画面をあけてみると
バッテリーが膨張し、裂けていました><

iPhone8は2017年9月に発売されました。(日本発売日)
発売してから4年以上は経っているので、劣化が進んできている頃だと思います。一度は交換されているという方も多いのではないでしょうか?

バッテリーが劣化してくると色々な異変が起きてきます。
消耗が早いのはもちろん、動きが遅くなったり、熱くなったり、膨張して画面が浮いた状態になったり・・・と色々な異変が起きたりします。



今回のように膨張して、亀裂がはいっている状態は危険です!!
早めのバッテリー交換をオススメします!





iPhone8 
バッテリー交換・防水テープ込み  ¥5980 (税込)

2022.02.08

充電できない!それは・・・


新潟市東区からのご依頼です。

iphone6の充電が出来ない!!との事でご来店されました。

充電が出来なくなる事には色々な原因があります。
例えば・・・充電ケーブルの損傷、iphone本体の充電差し込み口がグラグラして充電が出来ない、バッテリーの劣化。。。

など、他にもさまざまな原因があります。

そんな中、今回依頼を頂いた充電が出来ない!
なんと!!これが原因でした。

差し込み口に溜まっていたホコリ達

これが原因で充電器がささらなかったのです・・・

キレイにとってあげると充電器がささり、充電もされました。

みなさんも充電器がささりにくいと感じたら、差し込み口をチェックしてみて下さい。

iphone修理ストアではこのような作業も行っておりますのでお気軽にお立ち寄り下さい。

2021.10.24

iPhoneのストレージの容量オーバー・・・

最近のiPhoneは、iOSやアプリの容量がとても大きくてストレージの容量をかなり圧迫します。また、カメラの性能も上がり、写真や動画の容量でもストレージの容量を圧迫してしまいます。
iPhoneのストレージがいっぱいになり限界に達すると、電源が落ちて起動しなくなってしまいます。

iPhoneのストレージの容量が限界に来ると・・・

iPhoneのストレージがいっぱいなると、色々な症状が出てきます。
・アップデートできない。
・写真を撮ろうとすると撮れない。
・アプリが開けない。
・電源が落ちる。
・アプリをインストールできない
など・・・。
これは、iPhone内部にデータを蓄積するすスペースがなくなってしまい起こる症状です。

ストレージがいっぱいになりそうな時の対処方法

まずは、ストレージの中に何が入っているか確認します。
【確認方法】
1.設定アプリから、「一般」→「iPhoneストレージ」を開きます。
2.一番上の使用済み容量を確認
  └残りが1桁台だと要対処です。
3.画面を下にスクロールすると、ストレージを占めているアプリが表示されます。

写真や動画が多ければ、不要な写真や動画を削除したり、Googleフォトなど画像保存アプリに移して保存したりした方が良いでしょう。
また、使ってないアプリや不要なアプリがあれば削除した方がいいでしょう。
もし、「その他」がたくさんあった場合は、
1.再起動してみる。
2.Safariの「リーディングリスト」や「履歴」を削除してみる。
「その他」は、システムデータやキャッシュファイルで、アプリをダウンロードしたり削除したりアプリやインターネットをみたりした時のデータや音楽や動画などのデータなどが含まれています。
これは基本的には自動的に削除されていくものなのですが、時々ひどく溜まってしまうことがあり、それがストレージの容量を圧迫させてしまうことがあります。
最後の手段として、
3.初期化してみる。
※初期化は、データが全て消えてしまうので、バックアップをとってからする必要があります。

ストレージの容量オーバーで電源が入らなくなった場合

iPhoneのストレージの容量がオーバーしてしまうと、iPhoneの電源が入らなくなってしまいます。俗に言うリンゴループです。
こうなってしまうと、バックアップを取ることもできず、何も操作できなくなります。
そして、初期化しないとそのiPhoneを使用することができなってしまいます。
バックアップをとっていれば問題ありませんが、バックアップをとっていなければ全てデータが消えてしまいます…

電源が入らなくなった時の対処方法

リンゴマークのままフリーズしたり、リンゴマークから進まない場合は、パソコンがある場合は、パソコンに繋いで初期化をします。
パソコンがないと対処できないので、パソコンのあるところで初期化、もしくは業者で初期化するしかありません。
いずれにしても初期化になります。

iPhone修理ストアでの対応

当店では、100%ではありませんが、データを復旧させることができます。
リンゴマークから進まなくなった段階で、すでにデータがなくなっているかもしれません。
そのため、データがなくなっているかどうかは作業が終わるまで分かりません。
データがなくなっていれば初期化された状態になります。
しかし、データが戻る可能性もありますので、諦めずにお問い合わせください。

2021.09.25

iPhoneケース

「どうしたらiPhoneの画面割れを防げますか?」とよく質問を受けます。
iPhoneの修理を始めてからずっと聞かれて思うのですが、落とさないということしか思いつきません…。
誰しも好きで落としている訳ではないと思いますので、やっぱり落とした時にいかに画面割れを防げるかがポイントなんでしょうか。

iPhoneの画面の割れ方

iPhoneの画面割れ修理の依頼を受けていると、ほとんどの場合はiPhoneの縁から割れています。画面の真ん中から割れているケースもありますがほんのわずかです。大半の場合が、落ちる際は縁から落ち、iPhoneのフレームから表面のガラスに力が加わり割れるのだと思います。

直近の6件を見てもほとんどが縁から割れているのが分ります。
iPhoneの画面割れを防ぐには、縁をいかに守るかがポイントです。

iPhone画面割れ防止策①

ここからは当店の持論ですので参考までに。
iPhoneの画面が割れる時は、縁から割れる確率が圧倒的に高いので、iPhoneの縁を守ることが優先順位的に高いと思われます。
また、フレームを守る素材もクッション性の衝撃吸収力のあるものが良いと思われます。プラスチックのケースや厚みの薄いケースなどでは、縁を衝撃から守ることはできません。厚みがありシリコンやポリウレタン系の素材などで作られたiPhoneケースが良いと思いわれます。当店のオススメは、スマホケースの「iFace」です。

iPhoneのすっぽりと覆い囲み縁を保護してくれるiPhoneケースです。衝撃吸収力もあるのでオススメです。でも、割れる時は割れますので悪しからず。

iPhone画面割防止策②

iPhoneの縁まで覆ってくれるガラスフィルムです。
画面中央部だけを保護するのではなく、フレームとの境目まで覆ってくれるガラスフィルムは有効です。縁まであるガラスフィルムは、縁だけがプラスチックでできているものがほとんですが、それでも無いよりは全然よろしいかと思います。

これも「iFace」とケースセットで販売されているものがあります。(写真は異なります。)ケースとフィルムとセットで縁を保護しておくと割れる確率はかなり低くなると思います。

まとめ

結論から言えば、落とさないことが一番です。が、万が一落とした際に破損を軽減し被害を最小限に抑える手段としては、iPhoneの縁をいかに防ぐかです。
iPhoneの縁を衝撃吸収力のあるもので保護し、表面のガラスに衝撃が伝わらないようにすることが大事です。叩いても割れないガラスフィルムやガラスコーティングなどiPhoneの画面を保護するものは様々ありますが、ポイントは『縁を守る』ことです。ご参考まで。

2021.09.14

iPhone8のバッテリー交換

最近、一番依頼の多いiPhone8のバッテリー交換。2017年9月に発売されて丸4年。バッテリーが劣化する頃合いです。
iPhone8からはワイヤレス充電機能が付き、従来のコンセントにつないで充電する方法のほか、ワイヤレス充電器に置いて充電することができるようになり充電の仕方も変わってきました。
また、iOS11.3以降はバッテリーの最大容量もチェックできるようになり、バッテリー交換のタイミングが分かりやすくなりました。
iPhone8からバッテリーに関することが変わり初めの頃だったかと思います。懐かしい話です。
しかし、バッテリー交換の方法は従来と変わらず15分程度できますので、その辺は今後も変わらずいて欲しいものです。

iPhone8のバッテリー交換のタイミング

iPhone8問わず、iPhoneのバッテリー交換のタイミングとしては、もうご存知の方も多いかと思いますが、iPhoneの設定アプリのバッテリーのことろをチェックすると交換時期の目安がわかります。

バッテリーの最大容量が、80%以下になると要交換となります。
感覚的に、80%台半ばまで減ってくると、バッテリーの消耗も早く感じ、iPhoneが熱を持つ感覚が出てくるのではないでしょうか。
また、80%にならなくても、バッテリーの状態の最大容量の上に、「バッテリーが著しく劣化しています」と表示されていたり、ピークパフォーマンス性能の下に「必要なピーク電力をバッテリーが供給できなくなったため、突然のシャットダウンが発生しました。」などの表記が出てると早めにバッテリー交換をした方が良いと思われます。

また、iPhone8でよく目にするのが、バッテリーに亀裂が入って膨張し画面を下から突き上げてしまいます。するとiPhoneの画面が浮いてきたり白いモヤみたいなのが出てきます。これはバッテリーが膨張している合図ですので、危険なので早めのバッテリー交換をお勧めします。

iPhone8問わず、バッテリーの減りが早い、最近iPhoneが熱くなる、起動が遅いなど不便を感じることが出てきたら、バッテリーをチェックすると良いでしょう。

バッテリー交換方法

iPhoneのバッテリー交換は内臓式なので、画面を取り外してバッテリー交換をします。かつてiPhone4や4sは、画面ではなく背面パネルを外すだけで良かったのですがiPhone5以降ちょっと面倒になりました。
でもバッテリー交換は至ってシンプルで、画面を外し、バッテリーを交換して、また画面を取り付けるだけです。余計な部品を外したりする必要がありませんので、15分程度で作業が完了します。

ただし、iPhone8からはワイヤレス充電用のワイヤレス充電コイルが背面にあります。この上にバッテリーの固定テープを張り付けてしまうと再びバッテリー交換や修理などでバッテリーを外す際に充電コイルが剥がれてしまいます。 そのため、充電コイルを避けてバッテリーの固定テープをつけます。
また、画面を一度外しますので元々ある防水パッキンの粘着力が落ちてしまいます。そのため防水パッキンを新しいのに変える必要があります。

取り外した画面を再び取り付けます。バッテリー交換後は、再びバッテリーの状態をチェックしてバッテリーの状態の最大容量が100%になっているか確認します。100%になっていればバッテリー交換が完了となります。

バッテリーの状態の最大容量が100%になっているのが確認できました。

よくある質問

バッテリー交換時よく言われる質問があります。

1.データは消えますか?

一番よく言われる質問なのですが、なぜ消えると思うのかいつも疑問に思います。データが飛ぶという表現も同じでしょうか。10年近くiPhoneの修理をしていますが、バッテリー交換以外でもiPhoneの修理でデータが消えたりしたことは一度もありません。なので、消えたことがないとしか言いようがありません。アップルに修理を出す際は初期化をしないといけないので、データを消す必要があります。これは自分で消さないといけないので消えるとはまた違うと思います。
なので、データが消えることはありません。

2.バッテリーは新品で買った時と同じくらい持ちますか?

この質問には、いつもNOです。いくらバッテリーが新しくても買った時ほどのもちはありません。iPhone8は、購入した当時はおそらくiOS11だと思います。現在ではiOS14.7.1(2021.9.14現在)ですので、使用しているiOSも違えばデータ量も異なると思います。またアプリもバージョンアップしていきますので、iPhone8の頭脳が最新のものについていけず、考えこむ時間が長くなるのでどうしてもバッテリーの消耗は早くなります。
古くなればなるほど、バッテリー消耗対策をした方が良いでしょう。バックグラウンド更新をオフにしたり、位置情報をオフにしたり、使わないアプリのタスクを切ってみたり・・・と省エネ対策を打っていくしかないと思います。

3.このiPhone8、あと何年くらい使えますか?

何もなければ、定期的にバッテリー交換するだけでずっと使えると思います。
ただ動きが遅いというストレスやiPhoneのストレージがいっぱいになるとかバッテリーとは別の問題がなければです。実際、今もiPhone5や5cを使ってい方もいらっしゃいます。

最後に

iPhoneはバッテリーが劣化してくると、色々な異変が起きてきます。
バッテリーの消耗が早いのはもちろん、動きが遅くなったり、アプリが開かなかったり、熱くなったり、膨張したり。
また、電源が入らない、りんごのマークがついたり消えたり、充電残量が増えないなどもあります。
ただ、全てがバッテリーが原因というわけではありません。
特にバッテリーの減りが早い場合は一番にはバッテリーを疑いますが、漏電していたり、OSの問題であったり、アプリの問題であったりと要因は色々あります。
修理業者によっては、単刀直入にバッテリー交換を依頼するとバッテリー交換だけして終わる場合があります。結果、問題の解決にならない場合があります。なので、バッテリーの減りが早くて困ってると依頼した方が解決する場合があります。ご参考まで。

2021.09.11

iPhone画面修理

iPhoneの画面修理には様々原因があります。
1番多いのは、表面のガラス割れ。落下による破損が一番多いでしょうか。
その他、液晶が見えない、タッチ操作ができない、タッチが勝手に動くなどがあります。
iPhoneの画面は、表面のガラスの下にタッチセンサーがあり、その下に液晶や有機ELといった映像を映し出す場所があります。
落下による衝撃で破損したり、カバンやポケットに入れて押しつぶされて破損したり、水没など画面内部に水分が侵入して壊れたりと表面だけあって様々なトラブルと遭遇する場所です。一番壊れやすい場所?壊れるリスクの高い場所なのは間違いありません。

iPhoneの画面修理に使う部品

iPhoneの画面修理に使う部品にも種類があります。細かにあげるとキリがないくらいたくさんの種類があります。
大まかには3種類だと思います。
ガラスが割れた画面のガラスを新しいガラスに交換した「再生部品」と言われるもの。純正と同じ構造で作られている互換部品の「インセル部品」。簡易構造で作られている互換部品の「オンセル部品」。
「インセル」も「オンセル」も中国で作られている互換部品です。コストを抑えて作られていますので、その分安く修理できるメリットがあります。その代わり、画質やタッチの感度など純正に比べると見劣りするところがあります。
店頭にいると「純正部品ですか?」とよく尋ねられるのですが、Appleさんの管理が厳しいため純正部品を入手することは困難です。仮に入手できるとしてもかなりの高額になるのでそれであればAppleの正規プロバイダで交換した方がいいくらいです。
純正部品に限りなく近い部品の「再生部品」は、ガラスが割れた画面の純正のタッチセンサーと液晶/有機ELをそのまま再利用し、表面のガラスだけを専門の機械で貼り換えた部品です。そのため純正部品と同じ感覚で修理後も使えます。その代わりコストがかかっているため互換品に比べ修理料金が上がります。

iPhoneの画面の修理方法

iPhoneの画面修理は方法はただ一つです。表面のガラス、タッチセンサー、液晶/有機ELの3つがセットになっている部品のアッセンブリー交換です。
そのため、ちょっとしたヒビ割れでも、粉々になった画面割れでも、タッチが反応しないものも全てアッセンブリー交換となります。
壊れた画面を取り外し、新しい画面を取り付けます。
その際、ホームボタンやFaceID部品など本体とペアリングされている部品は、新しい画面に移植して再び指紋認証やFaceIDが使えるようにします。

iPhoneの画面交換時の注意事項

ただ画面を交換し部品を移植しても完全ではありません。
iPhoneの中には、防水機能があったり、「TrueTone」といってディスプレイの色が周囲の光の色によって見えかたが変化する機能があります。
それらは、画面交換ことによって機能を失ってしまいます。そのため画面修理の際に防水パッキンを貼り替えたり、「TrueTone」機能のデータを移し替えたりする必要があります。

防水パッキンを貼り替えているところ

修理業者の考え方によって、無償で対応したり、有償で対応したり、そもそも対応していなかったりと異なります。「True Tone」にしても「防水パッキン」にしてもお客様には気付けないところです。当店は画面修理の際は、どちらも無償で対応しております。他店で修理して機能を失っていても復活させることができます。不安な方は、お気軽のご相談ください。

iPhoneの画面修理って…

結局のところ、お客様の価値観や使用状況によって、とりあえず直せばいいという方もいれば、せっかく直すのであればきちんと直したい方もいらっしゃいます。また、データだけ取り出したいためだけの画面修理など様々なケースがあります。
当店では、できる限り、お客様の都合によって起こり得る様々なケースに対応できるよう心がけております。お困りなことがありましたらお気軽にお問い合わせください。

« Previous | Next »

iPhone修理ストア